守口JC・門真JC・守口門真JCを卒業したメンバーで構成する団体です

シニアクラブ規程

規程
守口門真JCシニアクラブ規程

(名称)
第1条 本会は、守口門真JCシニアクラブと称する。
(事務局)
第2条 本会の事務局は、社団法人守口門真青年会議所(以下、守口門真JCという。)に置く。
(事務の委託)
第3条 本会の事務は、守口門真JC事務局に委託する。
(目的)
第4条 本会は、会員相互の親睦と守口門真JCへの支援と友好関係を図ることを目的とする。
(活動)
第5条 本会は、前条の目的達成のため、次の活動を行う。
 ①総会、役員会において決議された事項
 ②その他、目的達成に必要な活動
(入会)
第6条 守口門真JCを卒業した者は、シニアクラブ入会金を納め、所定の手続きを経て、本会に入会することができる。
(入会金)
第7条 新しく本会に入会した者は、会費のほか、入会金として金1万円を納入する。
(会費)
第8条 本会会員は、年会費を納入するものとする。
2 年会費は、毎年、総会において承認された金額を指定された方法により一括納入するものとする。
3 本会は、第3条の目的達成のため、総会の議決を経て臨時会費を徴収することができる。
(会議)
第9条 本会は、原則として、毎年1月と8月に総会を開催し、必要に応じて役員会を開催する。ただし、総会開催時期は当該年度の事情に応じて役員会で変更することができる。
2 総会は、本規程の変更、役員の選任、事業計画及び予算の決定・変更、事業報告並びに収支決算報告の承認、その他総会において議決することが相当な重要事項を審議する。
3 役員会は、総会に提出すべき事項、総会から委任された事項、その他、本会の平常事務を審議処理する。
(収入)
第10条 本会の運営に必要な経費は、原則として入会金と年会費をもって充てるものとする。
(役員)
第11条 本会に次の役員を置く。
 ① 会長1名
 ② 副会長3名以上6名以内
 ③ 事務局長1名
 ④ 会計2名以内
 ⑤ 幹事若干名
 ⑥ 会計監査2名以内
2 役員は、総会において選出する。
3 役員の任期は1年とし、再任を妨げない。
(委員長等)
第11条の2 会長は、幹事のうちから、適宜、委員長、副委員長及び事務局次長を指名することができる。
(事業年度)
第12条 本会の事業年度は、毎年1月1日より同年12月31日までとする。
(退会)
第13条 会員が本会を退会するときは、その旨を記載した書面を提出しなければならない。
2 会員が退会する場合、すでに納入された会費等は理由の如何を問わず返還しないものとする。
3 2年間会費を納入しない会員は、退会したものとみなす。
(弔慰金)
第14条 弔事があったときは、次の金額を贈り、弔慰の意を表するものとする。
 ① 本人の死亡      金10,000円
 ② 配偶者の死亡      金5,000円
 ③ 子どもの死亡      金5,000円
 ④ 親の死亡        金5,000円
 ⑤ 守口門真JC会員の死亡 金5,000円
2 前項に基づく支出については、いっさい返礼を受けないものとする。
3 その他、必要な処置については、会長に一任する。
(慶事金)
第15条 慶事があったときは、次の金額を贈り、慶事の意を表すものとする。
 ① 本人の結婚    金10,000円
2 前項に基づく支出については、いっさい返礼を受けないものとする。
3 その他、必要な処置については、会長に一任する。
 附 則
1 本規程は、2006年1月1日から施行する。
 経過規定
1 2005年12月31日現在、守口JCシニアクラブまたは門真青年会議所シニアクラブの会員である者は、本会発足時をもって本会会員となるものとする。
 ただし、その者が別段の意思をあらかじめ申し出ていた場合を除く。
2 前項の規定による入会者については、第7条の規定を適用しない。
3 本会発足当初から当分の間、第11条の規定にかかわらず、本会に次の役員を置く。
 ① 旧守口JCシニアクラブ総括担当者 1名
 ② 旧門真青年会議所シニアクラブ総括担当者 1名
 ③ 事務局補佐 1名
 ④ 会計監査は、総括担当者が兼任する。
   附 則
1 本規程は、2007年1月23日より施行する。
   附 則
1 本規程は、2010年8月10日より施行する。
   附 則
1 本規程は、2012年1月17日より施行する。

       これは、本会の現行規程に相違ない。

          2012年1月17日

                 守口門真JCシニアクラブ
                      会長 泉 光典

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional